トヨタの高級車

トヨタは今や日本が世界に誇る大企業。
いや、もはや世界一の自動車メーカーであることに
異論を唱える人はいないでしょう。
そのトヨタにおける最高級車「レクサス」シリーズ。
特にGSクラスなどは一般にはなかなか手の届かない…。
当然その「レクサス」が世界一の車と思いきや、意外とそうでもないようです。

 「レクサス」に比肩する高級車といえばベンツのEクラス
またはBMWの5シリーズあたりですが、
そういった車のオーナーがレクサスのハンドルを握ると、
明らかに質感で劣るのが分かるそうです。

 その原因は、車の乗り心地を左右するサスペンション
その中の部品の一つ(ショックアブソーバー)が、
世界の技術に追いついていないのです。

この部品、非常に単純な構造でできており、
それだけに秘伝のノウハウが多いとされています。

 これほどハイテクの固まりになった車においても、
単純な部分での差が大きいというのは意外です。
しかもそれが古くから伝わる「匠の技」の差だとは、
モノづくりは奥が深いということでしょうか。

 逆にハイブリッドカーが当たり前になるであろう近未来には、
今のトヨタの技術が誰にも負けない「匠の技」になるかもしれません。
b0155038_14473758.jpg

車の卸センター
㈱カネヒロさまの
情報誌より抜粋
[PR]

by honest_no1 | 2010-01-20 14:49 | 豆知識
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line