冨岡専務がおとどけします

 献血にご協力を!献血は、輸血を受けられる方の安全と、
献血をされる方の安全を守るため、
さまざまな基準がございます。
まれに採決に伴う副作用が
生じる事がありますので、
献血会場で渡されます
「お願い」をお読みください。

◆血液の量
   人間の血液の量は体重の
   13分の1と言われています

◆献血の量
   血液の量の12%を献血しても、
   医学的には問題がありません。
   献血の量は安全な量です。

◆血液の回復力
   献血後の血液の量は、
   水分を摂取することにより
   短時間で回復します。
   また、成分が回復する早さは
   その成分によって異なり、
   個人差もあります。

   血奬成分は約2日、   血小板成分は約4~5日、   赤血球は約2~3週間で回復します。

血液の使用期間は短く
 成分献血…3日
 全血献血…1週間

一度献血したら
3か月は献血できません
[PR]

by honest_no1 | 2011-04-08 14:17 | コラム
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line