雨の日の運転

日頃から点検しましょう
b0155038_11404319.jpg ①ワイパーは充分に拭き取れますか
   拭き残しスジが出ていたり、ゴムの端が切れていたら取り替えです。

 ②タイヤの溝はすり減っていませんか
  スリップサインが出たら、早めに交換してください。

 ③ウインドウォッシャー液は補充できていますか。
   フロントガラスが汚れて見えにくい状態での運転は危険です。
b0155038_1141535.jpg


走行時の注意
 路面は滑りやすく、特に白線の上落ち葉の上
 マンホールの蓋は特に滑りやすくなっています。
 また、急発進、急加速、急ブレーキ、急ハンドルは危険です。


エアコンでガラスの曇りをとる
 雨の日はフロントガラスが曇りやすくなります。
 エアコンは除湿機能があるので、
 オンにしておきましょう。
 それでも曇る場合はデフロスターに切り替えて、
 高めの温度設定にすればすぐ取れます。
 又ガラスの内側の汚れも曇りの原因になるので
 いつもきれいにしておきましょう。


ウインドウォッシャーを使う
 雨の降りはじめや雨上がりなどは、
 ワイパーを使うと水分が十分でないため、
 フロントガラスが汚くなることがあります。
 この時はウォッシャー液を噴射してこまめにきれいにしましょう。
 ウォッシャー液不足で困らないように、点検・補充はこまめに。


昼間でもライトを点ける
 ライトの点灯は他車から見つけられやすいこと以外にも、
 傘をさしている歩行者にも、
 自分の車の存在を気付かせることになります
 安全のためにも雨の日のライトの点灯を積極的にしましょう。
b0155038_11414752.jpg
[PR]

by Honest_No1 | 2013-06-22 11:43 | 豆知識
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line