雪道のパターン

雪道といってもいろいろな状態があります。
雪道を知る」事からはじめて、安全運転を
心掛けてください。

◇ミラーバーン

  鏡のようにツルツルになっている路面。
  タイヤなどで磨かれてできます。
  交通量の多い道路や交差点でよく見られます。
  ここでは発進時のスリップなどが起こりやすく、
  危険度No1!スピードはゆっくり!

◇アイスバーン

  氷のようになった路面。
  日中気温が上昇して、一旦解けた雪が夜になって
  再び凍るとこの状態になります。
  危険度最上級!無理をせず安全運転で。

◇ブラックアイスバーン 
  ただの濡れたアスファルトに見えるのですが、
  実は氷で覆われている状態。
  見分けがつきにくいので、
  「路面が黒く見えたら注意!」して下さい。
  特に冷え込む夜間や朝方は注意!

◇圧雪道

  雪が踏み固められた道、
  いわゆる「雪道」です。
  この路面状況の時は上記の3パターンに比べ、
  危険度は少ないほうです。
  しかし油断は禁物!
  燥路面より滑りやすいのは間違いありません。

◇シャーベット状
b0155038_11101053.jpg

  思った以上に危険です。
  シャーベット状の雪の隙間からアスファルトが見えたりして、
  大丈夫そうに思えますが水分を含んだシャーベット状の雪
  結構滑りやすいものです。 

◇新雪が積もっている状態

  一面真っ白な状態で、
  どこからどこまでが道路なのか分かりにくく、
  吹き溜まりに突っ込んだり、
  スタック(雪にタイヤがはまって動けない状態)する危険があります。
  道路の端に路肩を示す棒が立っているので、それを目安に走りましょう。
[PR]

by Honest_No1 | 2014-01-07 11:12 | 豆知識
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line