雪道運転のテクニック

◇むやみにブレーキを踏まない

 エンジンブレーキで90%以上停止するように心がけましょう。
    オートマの車はエンジンブレーキがかかりにくいので、
b0155038_13324221.png

    2ndにギアを落として止まる事をお勧めします。

◇車間距離はいつもの2倍

  滑る前提で運転しましょう。
    加速のし過ぎや、路面の状態によっては、
    思ってる距離で止まれないこともあります。
    後ろから追突された場合の玉突き事故防止にもなります。

◇右カーブに気をつける

  自分が普通に走っていても、対向車が突っ込んで来ることがあります。
    対向車が来ているかどうか、可能な限り把握しましょう。

◇ブレーキするならハンドルきるな

雪道でハンドルをきっている時、
    強いブレーキングは自殺行為です。
    直線のうちにしっかり減速しておきましょう。
    どうしてもブレーキを踏みたいときは、
    最低限のブレーキですませましょう。

◇わだちを走る

    除雪車が入らない道路ではタイヤのわだちができます。
    そのわだちに添って走ります
    わだちが三本で、対向車とすれ違う場合は、
    手前でわだちから抜けておきましょう。
    ハンドルをしっかり握り、はみ出さないように。  
[PR]

by Honest_No1 | 2014-12-24 13:34 | 豆知識
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line