ABSのお話

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)がお車に付いていますか?
それとも、ABSってご存知ですか?

急ブレーキが危険なんて過去の は・な・し!

ABSとはブレーキを思い切り踏んではじめて効力を発揮する仕組みです。


---ABSの上手な使い方---
準備 : ブレーキを強く踏むにはまず、運転姿勢から
まずシートを最適な位置に調節することが大切です。シートの調節はひざが伸びきらなくてもブレーキを踏み込める位置を目安にしてください。

その1: ブレーキを力いっぱい踏み込む
[ブレーキを思い切り踏んではじめて効果を発揮します。普段から正しい姿勢を心がけて、せっかくのABSが万が一のとき作動するようにしましょう]

その2: ポンピングブレーキ禁止
[ABSとは、タイヤがロックするのを防ぐポンピングブレーキを自動に行う装置。ポンピングブレーキを掛けると、2重に行われることとなり停止距離が伸びます。ためらわず、思いっきりブレーキを踏みましょう。]

その3: ブレーキをかけながらハンドルで逃げる[ABS装置車は力いっぱいブレーキを踏み込んでも、車の走行方向は安定しハンドルも効くようになっています。ハンドル操作で危険を回避しましょう。また路面の状態にかかわらず作動しますから雨や雪で滑りやすい路面でも危険に直面したら迷わず、フルブレ-キングできます。]

作動したら: ABSが正常に作動したときは
[ペダルが細かく振動し、「グググ」という音がします。ABSは普段のブレーキ操作で作動するものではありません。それほど強くブレ-キングしていないのにABSが働いた場合、路面が濡れているなど滑りやすい状態になっていることを知らせるものです。慎重な運転を心がけましょう。]
[PR]

by Honest_no1 | 2001-02-01 12:09 | 豆知識
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line