ブレーキ

車の動きを止める働きをするブレーキ。
安全な走行をするためには欠かせない部分です。


ディスクブレーキ 
車輪とともに回転するディスクを両側からブレーキパットを押し付けることによって止めるシステム。ディスクやパットが露出しているので、放熱性に優れる。
ただ、構造上強い油圧を加えないといけないので、何らかのブレーキアシスト装置が必要となる。


ベンチレーテッドディスクVディスクと略される。ブレーキディスク版のトレッド面に空気孔が設けられているタイプで、冷却性能に優れ、最近のスポーツモデルでは4輪ベンチレーテッドが主流となっている。
また、より放熱性アップのためにディスク表面に穴や溝が彫られたものもある。
この場合石などが詰まることがあるので、こまめな点検が必要だ。


ドラムブレーキ
こちらは回転する皿上の部分に、内側からパッドを押し付けることによって制動力を得るシステム。制動力や放熱性はディスクに劣るが、コストは安い。よって、特に高性能なものを必要としないFF車のリアブレーキなどに使われる。
ただ、アルミホイールの奥にドラムブレーキが見えているのは意外とかっこ悪い。
[PR]

by Honest_no1 | 2001-06-01 13:32 | 豆知識