メンテナンス

車の水あかがどうしてもとれない!とお悩みの方
ワックスのかけ方が、水あかの原因かも!?


 水あかの正体は、劣化したワックスなどの油分が汚れを吸着したものが多いのです。また、ワックスの拭き残しも水あかの原因になります。
 水あか専用の洗剤もありますが、ひどくなってしますと塗装面をコンパウンド(磨き粉入りの液体状研磨剤)で研磨するしか方法がありません。そうならないためにも、定期的に洗車して、汚れがつきにくい状態を保つのが一番!
 ワックスがけのポイントは『薄く、手早く』がこつ。ワックス本来の目的はボディのつやだしよりむしろ、塗装面に保護膜を作り、紫外線や鉄粉・煤煙などから車を守ること。


ワックスのかけ方3つのポイント
①薄く塗る
  水洗いが終わった車にスポンジでワックスを軽くムラなく塗る。
②タテ・ヨコ・タテ
  ワックスを塗る向きは、まず風の流れる向き(上→下、前→後)に合わせて縦方向へ(廻さない)
  次にその塗り残しを埋めるべく、横方向に。そしてもう一度縦に塗ればばっちり!
③生乾きで拭き取る
  ワックスが乾くと拭き傷ができたり、ムラが残ってしまうので、小さな面積ごとに塗ってはワックスが乾ききらないうちに、乾いた布で拭き取る。これを繰り返しましょう。
細部まで拭き残しがないように仕上げて、完了!
[PR]

by honest_no1 | 2002-11-04 14:07 | 豆知識