環境に優しい低公害車

 排気ガスを改善するために、各種低公害車が開発され、優遇税制が実施されています。実用段階に入っている車を紹介します。

★天然ガス自動車(CNG自動車)
天然ガスを燃料として動く。エンジンの仕組みはガソリン車と基本的には同じですが、二酸化炭素の排出量は20~30減。窒素酸化物や粒子状物質がほとんどでない。

★電気自動車
電池で動く。排ガスや騒音も少ないが電池のパワーやコストに課題が残る。

★ハイブリッド自動車
ガソリンと電気など複数の動力源を組み合わせたもの。エンジンで発電する完全エンジン駆動タイプ。ガソリン走行を電気でアシストするタイプ。この2つを使い分けるタイプがあります。
補助金や優遇税制が適用され、燃費も半分。プリウスやエスティマなど。

★メタノール自動車
メタノールを燃料として動きます。窒素酸化物などの排出量が少なく、ガソリン車の機構やスタンドをそのまま使用することができる。燃費はやや悪い。

★LPG自動車
LPガスを燃料とする。タクシーに多く、現段階でもっとも普及している低公害車。
[PR]

by honest_no1 | 2004-03-01 12:03 | 豆知識
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line