駆動方式

FR・後輪駆動(フロントエンジン・リアドライブ)
エンジンを前において後輪を駆動するタイプ
この車の最大のメリットは、操舵は前輪、駆動は後輪と受け持ちを分けたことで、自然なハンドリング感覚が得られることです。しかしエンジンを前に置いたことでスペース効率が落ち室内空間が限られます。FRを採用するモデルは高級車に多く見られます。


FF・前輪駆動(フロントエンジン・フロントドライブ)
エンジンを前において前輪を駆動するタイプ
この車の最大のメリットは、操舵と駆動を前輪が受け持つから、ハンドルを切った方向に素直に駆動力が伝わります。しかしコーナーでは横滑りしやすいことや、坂道ではスリップしやすいといった欠点もあります。


4WD・4輪駆動(フォー・ホイル・ドライブ)
4輪を駆動するタイプ
 4輪のすべてを駆動するから、その分だけ駆動力の伝達効率は高まります。路面状態が悪くても、どちらか一方が路面をグリップしている限り、車を進めることができます。


MR・ミッドシップ
エンジンをボディの中央において後輪を駆動
エンジンを中央に置くことで安定し、コーナリング性能が高まります。スポースカーに採用されています。
[PR]

by honest_no1 | 2004-09-01 13:15 | 豆知識
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line