若狭熊川宿

小浜に行く途中、近江今津より303号線を若狭方面へ右折してしばらく行くと昔ながらのたたずまいが残る『若狭熊川宿』があります。
 ここは「熊川の名に流れけり清き瀬にさらす真葛のねもころころに」と詠まれた情緒のある町並み。現在では国の町並み保存地区にも指定されて、宿場町独特の整然とした雰囲気が味わえます。
 本二階や厨子二階といった町家、格子のついた虫籠窓、馬のつないだ「駒つなぎ」と呼ばれる鉄の輪、など伝統的な景観に加え、奉行所や番所、お蔵屋敷の跡なども残っています。家並みに沿って流れる豊かな水量の用水路は「前川」と呼ばれ、今も人々が野菜を洗うなど生活の中に組み込まれています。
 近くには『若狭鯖街道熊川宿資料宿場館』があり、歴史資料が展示されています。
[PR]

by honest_no1 | 2004-11-01 13:31 | ドライブ情報
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line