子供の交通マナー

飛び出し、止まれない子
男の子の3人に1人は道路を走って渡る!
歓声を上げながら、全速力で道路を走りぬける子供達。
とくに男の子は「スピード」が大好き。
5~8歳の男の子は、3人に1人は道路を走って渡るっているというデーターもあります。
小さな子ども達は車に興味津々。
車は急に止まれないことも、死角があることも知らないことばかり。


予測がつかない子供の行動
青信号が点滅。えっ!引き返した
 横断歩道を渡っている途中で、歩行者信号が点滅を始めた。
子どもはどうしたらいいのかわからなくなり、あわてて引き返すことも。
また、同時に2つのことに注意するのも苦手。
信号を気にしながら、右折車・左折車に注意を払うには難しいこと。急に走り出したり子どもの行動は予測がつきません。


駐車中の車の前後から飛び出す
駐車車両の近くを横断した時に事故に会う頻度はそれ以外より19倍多い
子どもの体は小さくて目立ちにくいので、車の陰に入ってしまうとドライバーから見えません。
又子どもには「自己中心性」という特徴があり、自分を中心に思考体系を組み立て、別の立場から予測し、考え、行動することは苦手。
今、自分が危ない場所にいるとは判っていません。
[PR]

by honest_no1 | 2007-07-01 10:25 | 豆知識