自動車のボディ・カラー

 近年の自動車のボディ・カラーには、その車のために作られた色などもあり、とてもキレイな色が多いですね。その中でも『ホワイト・パール』と呼ばれるボディ・カラーには特別な雰囲気があります。
 『パール』とは日本語で『真珠』の意味です。
真珠のような色が自動車に高級感を与えているのかもしれません。

 ところで、この『パール』。
どうしてあの独特の光を放つのか不思議ですね。
その正体は《雲母》という特殊なアルミニウムに二酸化チタンや酸化鉄の化学物質の膜をコーティングしてあるのです。
この膜が光の輝き方を独特なモノにしています。
また、化学物質の膜の厚さを変えることによりゴールドの様な感じや、赤や青といった色の付いた『パール』にもなります。

 専門的になってしまいましたが、色の不思議をわかってもらえましたか?
ボディ・カラーに興味を持ってみるのも楽しいですよ。(^^)
[PR]

by honest_no1 | 2007-09-01 10:48 | コラム
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line