ハロゲンバルブとHID

夜の運転は外が見えにくくて、不安に思われている方も多いと思います。
車のライトは黄色の『ハロゲンバルブ』と白の『HID』に大別されます。
真っ白なライトは「ハイ・インテンシティ・ディスチャージ」の頭文字をとって『HID』または『ディスチャージ・キセノン』と呼ばれる放電現象で光を得たものです。
従来の黄色っぽい『ハロゲンバルブ』と違い真っ白な光が特徴で、明るさも約2倍。
寿命は2000時間以上と約5倍。
消費電力は55Wのハロゲンに対し、35Wの『HID』は2/3程度といいところ一杯。

『HID』は昔は非常に高価で、高級車のみの搭載でしたが、今や軽自動車にも標準装備さているものもあります。
真っ白なライトの車とすれ違う機会も多くなりました。
「夜の運転は見えづらくて…」と思われている方は、ハロゲン車に『HID』を取り付けることもできます。
安全性・耐久性・省エネに優れている『HID』に交換してはいかがでしょか? 

取付費込みで¥60,000~
[PR]

by honest_no1 | 2007-10-01 10:54 | コラム
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line