<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


トラブルを防ぐ日常のメンテナンス

エンジンオイル
オイルレベルゲージで量を確認する
ゲージを抜いて布でふき取り、もう一度差込み、再び抜きゲージに付着したオイルの位置が“F”と“L”の間ならOK!


ラジエター液
リザーブタンクの量をチェックする。FULLに近い状態ならOK
液が少ない場合は点検を


ブレーキオイル
規定量のオイルが入っているかチェック。減っていれば当店で点検を。


ウインドウォッシャ液
これも規定量が入っていればよい。水道水でもOK。


バッテリー液
液が減っている場合は補充液を補充しましょう。
また、エンジンのかかりが悪い場合はバッテリーの比重を点検しましょう。


ワイパーゴム
拭き取りが悪く、前が見にくい場合は早めの交換を!
[PR]

by Honest_no1 | 2008-03-21 11:49 | 豆知識

西国三十三番札所 『華厳寺』

西国三十三番札所になっている『華厳寺』をご紹介します。
ここは醍醐天皇の帰依厚く、いにしえより観音信仰の霊験新たかな場所として有名です。
春は桜、秋は紅葉の名所としても賑わいを見せています。
 また、近くに『横蔵寺』があり、即身仏(ミイラ)奉られています。この僧は谷汲山出身で富士信仰の行者となった人。
山梨県で入定し明治になってから『横蔵寺』に移られました。

入館料200円。

即身仏を近くでゆっくり見ることができます。

b0155038_11481067.jpg

[PR]

by Honest_no1 | 2008-03-21 11:46 | ドライブ情報

エコカー

●メタノール車
  燃料はアルコールの一種であるメタノールで、黒煙はほとんど排出せず、窒素酸化物排出量も少ない。しかし燃料の発熱量がガソリンの半分。また、エンジンが傷みやすいなど問題が多い。

●天然ガス車
  燃料は都市ガスの原料でもある天然ガス。有害物質の発生量は低いものの、走行距離が短いため用途が限定されます。現在都市部のごみ収集や市バスに使われています。

●電気自動車
  バッテリーで蓄えられた電気でモーターを回して走ります。排ガスゼロの無公害車ですが、バッテリーが重い、一回の充電に時間が掛かる、走行距離が短いなどの問題があります。

●燃料電池車
  水素と酸素の化学反応で発生する電気でモーターを回して走ります。エネルギー効率が高く、水しか排出しないので「究極の低公害車」といわれています。しかし実用化までにはしばらく時間が掛かりそうです。

●クリーンディーゼル車
  近年の技術革新でクリーンかつハイパワーなエンジンが開発され、ヨーロッパで人気を集めています。軽油を使うので、ガソリンより安く、二割ほど燃費が良いのが魅力です。複数の日本メーカーが発売を予定していますが、厳しい排ガス規制をクリアーできるのはあと数年掛かりそうです。

●ハイブリッド車
  モーターとエンジンを併用したシステム。発進、加速など力を必要とするときはエンジン+モーター、一定の速度で走行する時はエンジンを多く使います。難点は動力を二つ積むので重くなり、機構が複雑で価格が割高です。
[PR]

by Honest_no1 | 2008-03-21 11:42 | 豆知識
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line