<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


風邪・インフルエンザに注意!

現在滋賀県下にインフルエンザ注意報が発令されています。
風邪をひかないように、
またひいてもこじらせないように気をつけましょう。

☆☆インフルエンザと風邪の違い☆☆
 普通の風邪は、鼻水・鼻づまり・
 のどの痛み・せきやくしゃみが中心で、
 一般的に軽度です。
 一方、インフルエンザは、
 高い熱が出て関節痛や筋肉痛などの 
 全身症状が強く現れます。
 合わせて、のどの痛みや鼻水などの症状も見られます。
 さらに高齢者や乳幼児では、
 肺炎や脳炎を合併する事もあり、
 最悪の場合は死にいたることもあります。


☆☆インフルエンザの予防法☆☆
①流行期には人混みを避ける

②外出時にはマスクをする

③外出後はうがい、手洗いをする

④適度な湿度を保つ

⑤十分な睡眠と栄養をとる

☆☆インフルエンザにかかってしまったら…☆☆
①熱が出たらできるだけ早く医療機関を受診して、治療を受けましょう。

②十分に睡眠をとって休養しましょう。

③お茶などの水分を多めに取りましょう。

④消化がよく、栄養のある食事を取りましょう。

⑤インフルエンザかもしれないと感じたら、
        すぐマスクをして他の人にうつさないようにしましょう。

⑥熱が下がってもウイルスは体内に残っているため、一週間は安静にしましょう。

感染力が強く短期間で大流行するのもインフルエンザの特徴です。
b0155038_1515298.jpg
おかしいなと思ったら早めに受診し、
体をゆっくり休ませてあげるのが大切です。
[PR]

by Honest_No1 | 2013-03-11 15:15 | コラム

エコドライブで燃費節約


ガソリン代が値上がりしています。
環境にも、お財布にもやさしい「エコドライブ」。
知っているようで、ついつい忘れて…
継続が力です
もう一度見直して見ましょう。  b0155038_14463276.jpg

◇エアコンのA/Cスイッチはオフ
 
  エンジンで暖まった空気を使って暖房をすることができます。
  これで燃費を10%程度カットできます。
  冷房や除湿の時にエアコンをオンにするのが正しい使い方です。
  (窓ガラスが曇ってきたらオンします)

◇発進は「最初の5秒で時速20km」に
 
  発進時は走行中に使う燃料の1/3以上を使います。
  スタートはゆっくりペダルを踏みましょう。
  スロー発進は、急な飛び出しなど
  危険な動きを見つける事ができ
  事故防止にもつながります。

◇車間距離をあけ、一定の速度を保つ  
  スピードメーターが毎時3~5kmづつ上下するような運転は
  燃費が悪くなります。
  前の車のスピードに左右されないよう、
  車間距離を取ることも
  一定のスピードを保つために重要です。
 
◇赤信号や一時停止標識などで減速する時は早めにアクセルオフ

  エンジンブレーキ(アクセルから足を離す)で
  スピードを落とすと燃料の節約ができます。
  ちょっとした実践でガソリンの消費が違います。
[PR]

by Honest_No1 | 2013-03-11 14:49 | 豆知識
line

冨岡自動車からお送りする広報誌『Fine』のウェブ版です。


by Honest_No1
line